デジタルサイネージとは

普及の背景にあるデジタルサイネージのメリット

店頭、店内、公共施設、交通機関、キャンパス、オフィスなど、家庭以外のさまざまな場所に設置したディスプレイに、映像(動画)や音声などの電子情報を表示するシステムです。従来の看板、ポスター、POP、ショーウインドゥに取って代わる次世代の電子広告表示機能の総称です。

インターネットを経由する配信型と単体で動作する独立型があります。

企業ニーズの変化

周辺機器と通信回線の低価格化により、従来の4マス媒体(テレビCM、ラジオCM、新聞広告、雑誌広告)からインターネットを利用した販促形態へと時代は大きく変わってきています。
ディスプレイの大型化・低価格化、機能の向上など、技術も格段の進歩を遂げています。このような背景から、デジタルサイネージが登場し、今脚光を浴びています
インターネットの浸透により、社会も企業ニーズも時代に沿った形で変わりつつあります。

2020年には、4100億円規模の市場に拡大へ

デジタルサイネージの市場は01年頃よりまず欧州で形成され、世界最大市場の北米や、日本など世界的に市場が広がっている。アジアでは中国や韓国の市場が目立っており、都市部の繁華街では日本以上に至る所でサイネージの活用が見られる。北米では、インタラクティブ機能やモバイル/SNS連動などの技術も他国に先駆けて活用し、ウォルマート(GMS)の6,000店舗、ディスプレイ65,000面の展開は世界最大の事例のひとつである。
日本のデジタルサイネージの市場規模は2012年で約1030億円。
11年は、大震災の影響で市場が伸び悩んだが、12年は需要が回復し、二桁を超える伸びとなった。今後の予測では、媒体数の増加とともに市場は引き続き二桁の拡大が予測される。

デジタルサイネージのメリット

<このぺーじを音声読上げしています>

■デイスプレイ端末ごとにコンテンツを制御できるため、例えば「朝の通勤中のサラリーマン」「学生街」「スーパーの特売日」など、設置場所や時間によって変わる顧客層に向けて、適切なコンテンツをタイムリーに発信できます。
■動画やサウンドにより、幅広い広告展開ができます。注目度・伝達力の高い告知が可能になります。
■テレビCMやホームページなどは、お客様からのアクセス待ちですが、街ゆく不特定多数の人々に能動的に情報発信ができます。
■従来のポスターや看板にくらべ、作業時間やコストを軽減できます。
■自社の情報発信だけでなく、他社の広告を掲載することで副収入源とすることも可能です。

成功する電子看板の基本

電子看板はお客様を迎え入れる大事な「店の顔」です。
電子看板はあなたのお店の第一印象を決定付ける大事な要素なのです。
電子看板は、そのお店のコンセプトや特徴、立地条件などをよく把握して製作すれば、
人の目を引き、店内への誘導につながる「成功する電子看板」になるのです。

「成功している電子看板」は共通があります。

電子看板には集客力の大きな威力が秘められています。
電子看板の力を知って、ぜひお店の集客アップを実現してください。

効果のある電子看板には理由がある。

魅力のある電子看板! そのワケ

まずは、通行人にお店を発見してもらう。次に興味をもってもらう。
最終的にはお店に入ってもらえるよう、コンテンツで誘導する。
これが看板本来の目的であります。
通行人に興味をもってもらえる、音声が流れ動画が流れる電子看板は、人目を引くのです。

興味を与えられる電子看板

多くの人の目につくように音声や動画を使って、電子看板の向きや配置まで考えて設置します。
お客様の目線に立って、通行人を楽しませ、お客様の心に訴えると良い電子看板ができるのです。
あなたのお店の想いを伝える大事な営業マンです。

看板にも鮮度がある

設置して古くなった看板は、印象に残らない。
遠くからでも認知できる視認性の優れた電子看板は、コンテンツ内容を簡単に変更でき、いつでも新鮮な情報のお店の想いや伝えたいことが上手くデザインされている看板です。
電子看板のコンテンツを時間帯などのタイミングに合わせて変えることによって、お昼は、ランチメニュー 2時以降はカフェメニュー 夕方からは、コンパメニューなどと時間帯にあったコンテンツを流すことで、人はついつい視線を奪われてしまいます。

電子看板は、最強の広告媒体である。

電子看板は、人を惹きつける。一目でお店の魅力を伝える。
最強の営業マンとなれるのが、電子看板の魅力であるといえます。

電子看板は優秀な営業マン

お店に人を呼び込むためには、どんな方法があるでしょうか。
チラシ打つ・雑誌や新聞広告に掲載する・テレビでコマーシャルを流す。
最近では、ホームページなどのインターネット媒体を利用することもあります。
しかし、お店にとって一番身近な「看板」が、お店の魅力を伝え、人を引き付けるのです。
電子看板なら、あなたのお店の”最強の営業マン”となり得るのです。
たくさんの人に見てもらえ、魅力を伝え、お店に呼び込むことができるのが電子看板です。
つまり、電子看板は、音声と動画で店舗の存在の認知率を上げ、店舗の「商品」、「対応力」、「サービス」など、魅力的なコンテンツでお店のアピールをすることができるのです。
一番の魅力は、人をひきつける「営業マン」になれることです。
そして電子看板はチラシや広告などと違って、一度見て捨てられるようなこともありません。
設置場所を通るすべての人に対して、いつまでも宣伝し続け、通行人の記憶に残させることができるのです。

実は安価で、効果的な看板

意外かと思われるかもしれませんが、広告の中で最もコストパフォーマンスが高いのが電子看板です。
チラシや広告、テレビやラジオのコマーシャル。確かにそれなりの効果はあります。
しかし、これらの広告はその時だけなのです。
継続しなければ、効果はいつまでも長続きはしません。
しかし、電子看板は違います。一年を通じて訴求できます。
電子看板は、効果を考えると非常に費用対効果の高い宣伝媒体です。

シンプルで明快のデザイン

電子看板は、気づいてもらい、瞬時に理解されるべきです
電子看板が看板としての役割を果たすためには、できるかぎり、たくさんの人に発見してもらわなければなりません。
その重要なポイントは、いかにして気づいてもらうかです。気づいてもらう為には、音と動画が重要です。
見る人の視点なのです。

考えられた効果的な電子看板の設置

電子看板を設備として考えない。なぜそこにその電子看板を置くのか。
見る人はどんな人なのか。アピールしたい人に向けて考えつくしていますか。

そこに置いた電子看板は誰が見るのか

まず、電子看板を設置する前に、「ここに電子看板を置いたら誰が見るのかな?」と考えなくてはいけません。
電子看板を設置する場所は、徒歩や自転車などの交通量が多い場所ですか?
歩行者向けの電子看板であれば、情報量を多くして「読んでもらう」デザインも考えられます。

場所によって文字の大きさが違う

文字のサイズを考えるときにまず通行者の視点を考えます。
文字のサイズ計算(基準)
文字の高さ(mm)=視認距離(m)÷200

例えば
通行者から電子看板までの視認距離が10mで考えると、
10÷200=0.05
つまり、一文字の大きさが5cm位でないと、10m先からは見難いことになります。
遠距離「お店の業態などが瞬時にわかる」
中距離「他の店とは違う特徴をアピール」
近距離「目玉商品や価格を明確に」

大阪事務所
〒550-0002
大阪市西区江戸堀2-1-1江戸堀センタービル9F
TEL 06-6123-7082
FAX 06-6537-1859
東京事務所
〒107-0062
東京都港区南青山2丁目2番15号ウイン青山 9F
TEL 050-5577-0240
台東事務所
〒110-0016
東京都台東区台東4-30-6-701
TEL 03-4405-7708
FAX 03-6745-8006
長崎営業所
〒859-0101
長崎県諫早市高来町大戸115
TEL 050-5005-4168
↑PageTop